示談交渉のやり直しは出来ない

示談金などの交渉を行う場合、きちんと自分で納得した上で成立させてください。一度示談が成立してしまうと、示談交渉のやり直しは出来ません。後から気になる点が出てきても、それは除外されてしまいます。既に示談金を受け取って、納得したという署名押印をしているからです。後から不満を言っても、その時点では納得していたことを突っ込まれてしまえば何も出来ません。

弁護士個人の場合は提示された示談金が適切かどうかも分かりません。なるべく交通事故に強い弁護士を雇い、代理人にしておくことをオススメします。交通事故に強い弁護士であれば、さまざまな案件を見ているため、提示金額が適正かどうかを確認してくれます。法律に詳しくない人が「適正価格だ」と相手から言われると、そのまま受け入れてしまいがちです。しかし、弁護士を雇っているということで低い金額を提示してくる保険会社も若干減ります。

示談交渉時点で被害者のみで対応していて、金額に納得出来ない人はそこからでも弁護士に相談を検討してください。示談成立がする前であれば、弁護士を雇って金額を訂正させることも可能です。示談成立後に弁護士に相談をしても、何も出来ないので相談は成立前を徹底しましょう。

保険会社任せにしない

Pocket

Published by admin