保険会社任せにしない

示談交渉の際「保険会社任せにしない」ことも大切です。交通事故で入院などをすれば、相手側の保険会社が動いてくれるため、ついすべて任せがちになります。しかし、保険会社は出来るだけ低い金額で示談に持っていこうとします。そのため、一生懸命になってくれるからと言って提示されるまま示談成立すると、相場よりもかなり低めの金額だったということも珍しくありません

慰謝料被害者の中には、相手の保険会社が一生懸命動いてくれたからと言って好印象を持つ人もいます。しかし、基本的に保険会社の人間も「自社のために」動くのです。嫌な言い方をすれば、提示した金額に納得させるために一生懸命動いている人もいます。そのため、提示金額をそのまま受け入れずに、自分でも相場を調べて低すぎないかを比較しましょう。弁護士に相談するのが一番ですが、インターネット上でもさまざまな体験談があるため、それらを比較するのも手軽に出来ます。

相手側の保険会社が丁寧な対応と適正慰謝料を支払ってくれたというケースもあります。しかし、これは一部であり、すべての人に当てはまるわけではありません。お金が関わることなので、後から被害者が泣きを見ないためにも自分が納得出来る金額かを確認することを心がけておいてください。

Pocket

Published by admin